「読むと書く」講座について



● 会場

<下北沢教室>
155-0031東京都世田谷区北沢2丁目2-3織部ビル3階 シナジーカンパニージャパン内
(小田急・井の頭線下北沢駅 徒歩4分 受講される方には詳細な地図をお渡しいたします)

連絡先:TEL:03-5276-2130 ※講座開始10分前からお入りいただけます。

<京都教室>
各回により会場が異なりますので下記の募集情報をご確認下さい。


<「読むと書く」クラス>

※初めての方もご参加頂けます。
※なお、事前にアンケートおよびご提出いただく課題がございます。(お申し込み後、ご案内いたします。)
※文章をお書きになることをお仕事とされている方のご参加は、ご遠慮いただいております。
※ご入会頂けない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※お申し込みは一番下のフォームよりお願い致します。

日程 時間 テーマ 定員 最低催行人数
2020年2月4日(火)

19:30〜21:00 『生と死の接点』 第六回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室      ※2月6日(木)と同じ内容です。    
2020年2月6日(木)

19:30〜21:00 『生と死の接点』 第六回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室      ※2月4日(火)と同じ内容です。    
2020年2月8日(土) 13:30〜15:00 【増設】『生と死の接点』 第三回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室      ※2019年11月に行った講座と同じ内容です。    
※同日に行われている第四回もご一緒にご受講いただくことをおすすめいたしますが、各回のみでもご受講いただけます。  
2020年2月8日(土)
15:30〜17:00 【増設】『生と死の接点』 第四回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室      ※2019年12月に行った講座と同じ内容です。    
※同日に行われている第三回もご一緒にご受講いただくことをおすすめいたしますが、各回のみでもご受講いただけます。  
2020年3月3日(火)
19:30〜21:00 『生と死の接点』 第七回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室      ※3月24日(火)と同じ内容です。    
    2020年3月20日(金・祝)
    13:30〜15:00
    【増設】『生と死の接点』 第五回
    15名
    8名
    【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
    参加費用5,500円+税
    会場下北沢教室      ※1月に行った講座と同じ内容です。    
    ※同日に行われている第六回もご一緒にご受講いただくことをおすすめいたしますが、各回のみでもご受講いただけます。  
    2020年3月20日(金・祝)
15:30〜17:00 【増設】『生と死の接点』 第六回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室      ※2月4日(火)、6日(木)と同じ内容です。      
※同日に行われている第五回もご一緒にご受講いただくことをおすすめいたしますが、各回のみでもご受講いただけます。  
2020年3月24日(火)
19:30〜21:00 『生と死の接点』 第七回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室      ※4月11日(土)と同じ内容です。    
2020年4月11日(土)
    13:30〜15:00
【増設】『生と死の接点』 第七回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室      ※3月24日(火)と同じ内容です。 
※同日に行われている第八回もご一緒にご受講いただくことをおすすめいたしますが、各回のみでもご受講いただけます。    
2020年4月11日(土)
15:30〜17:00 『生と死の接点』 第八回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室     ※4月20日(月)23日(木)と同じ内容です。    
※同日に行われている第七回もご一緒にご受講いただくことをおすすめいたしますが、各回のみでもご受講いただけます。
2020年4月20日(月)
19:30〜21:00 『生と死の接点』 第八回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室     ※4月11日(土)23日(木)と同じ内容です。    
2020年4月23日(木)
19:30〜21:00 『生と死の接点』 第八回 15名 8名
【テキスト】河合隼雄『生と死の接点』(岩波現代文庫)
参加費用5,500円+税
会場下北沢教室     ※4月11日(土)、20日(月)と同じ内容です。    


<「思考と表現」クラス>

当講座は「思考と表現」をテーマに、深く思考し、言葉での表現力を豊かにするワークを交えて行います。
※初めての方もご参加頂けます。
※なお、事前にアンケートおよびご提出いただく課題がございます。(お申し込み後ご案内いたします。)
※文章をお書きになることをお仕事とされている方のご参加は、ご遠慮いただいております。
※ご入会頂けない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※お申し込みは一番下のフォームよりお願い致します。

日程 時間 テーマ 定員 最低催行人数
2020年1月25日(土)
※募集終了
13:30〜17:30
(休憩あり)
ほんとうに豊かな人生を求めて『聖フランシスコの小さき花』@ 12名 6名
【テキスト】『聖フランシスコの小さき花』(光明社)
参加費用:13,500円+税
※参加費用には、書籍代と送料の合計、1,000円を含みます。書籍をお持ちの方は、ご連絡いただけますようお願いいたします。
※テキストつきの講座です。ご入金確認後にテキストを郵送させていただきますので、お申込みのさいにご住所のご記入をお願いいたします。
※@では、24章(P.107)までをとりあげます。
会場下北沢教室   ※12月14日(土)、21日(土)と同じ内容です。
2020年2月1日(土)

受付
13:15〜
13:30〜16:45
※途中15分程度
の休憩を含む
ほんとうに豊かな人生を求めて『聖フランシスコの小さき花』@ 16名 10名
【テキスト】『聖フランシスコの小さき花』(光明社)
参加費用10,500円+税
※参加費用には、書籍代と送料の合計、1,000円を含みます。書籍をお持ちの方は、ご連絡いただけますようお願いいたします。
※テキストつきの講座です。ご入金確認後にテキストを郵送させていただきますので、お申込みのさいにご住所のご記入をお願いいたします。
※@では、24章(P.107)までをとりあげます。
会場長谷ビル8F―D室
京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町 680-1 (京都市営地下鉄 四条駅 6番出口徒歩1分 阪急烏丸線 烏丸駅)
TEL:075-361-0106 (平日9:00〜17:00 場所に関するお問い合わせの場合)
2020年2月2日(日)

受付
13:15〜
13:30〜16:45
※途中15分程度
の休憩を含む
星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第三回(最終回) 18名 10名
【テキスト】ミヒャエル・エンデ『モモ』(大島かおり訳・岩波少年文庫)
参加費用9,500円+税
会場長谷ビル8F―E室
京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町 680-1 (京都市営地下鉄 四条駅 6番出口徒歩1分 阪急烏丸線 烏丸駅)
TEL:075-361-0106 (平日9:00〜17:00 場所に関するお問い合わせの場合)
2020年2月9日(日)
(集合)10:00〜(終了)17:00
(休憩あり)
【増設】「思考と表現」特別授業
民藝の新生――柳宗悦と琉球との出会い
12名 7名
【テキスト】『民芸四十年』(特に本書所収の「琉球の富」)柳宗悦(岩波文庫)
※当日講師がレジュメをお配りしますので、ご購入頂かなくても大丈夫です。
参加費用14,000円+税
会場日本民藝館(アクセスはこちら)・下北沢教室  ※1月19日(日)と同じ内容です。
※日本民藝館にて開催される特別展「祈りの造形 沖縄の厨子甕を中心に」を鑑賞ののち、下北沢教室にて「思考と表現」クラスを行います。

〔講座について〕
「民藝」という言葉は、一九二五年の十二月、柳宗悦、浜田庄司、河井寛次郎の話し合いのなかから生まれてきたと伝えられます。それから十年後に日本民藝館が完成します。柳がはじめて沖縄を訪れたのは、1938年の終わりから39年にかけてでした。琉球・沖縄の文化によって民藝運動は新生します。柳にとって沖縄との出会いは、「民藝」の原点を確かめさせる経験であると共に、その定義を新たにするほどの衝撃を与えました。
沖縄で、柳が打たれたのは墓地でした。そして沖縄の言葉である琉語、そして沖縄の和歌である琉歌、沖縄の染織である紅型、沖縄の踊りなど、日用の雑具とは大きく異なる世界に目を開かれたのです。
今回展示されるさまざまな民藝品にふれながら、民藝の伝統と民藝の未来を感じつつ、それらに秘められたこころの「コトバ」と呼ぶべきものを感じ直してみたいと思います。(若松英輔)

〔スケジュール〕
10:00〜10:15 日本民藝館に集合、出席の確認と鑑賞の要点をご説明します
10:15〜11:30 日本民藝館にて「祈りの造形」展を各自で鑑賞
11:30〜13:30 移動、昼食および自習――展覧会を見た感想を書いてみる(場所は自由です。教室も13:10からお使いになれます。)
13:30〜17:00 講座(休憩15分程度を含みます)

〔備考〕
※チケットは参加費に含まれておりません。当日、各自でお買い求めください(一般1,100円)
※集合は日本民藝館の入口の案内係の付近です。講師とスタッフがおります。
※日本民藝館は、最寄駅から10分弱ほど掛ります。時間を考慮し余裕をもってお出かけ下さい。
※もしも、日本民藝館への到着が遅れる場合は講座のメール(info@yomutokaku.jp)までご連絡ください。
※講師とスタッフは、11:20ごろまで会場におります。会場内でのまとまっての説明はいたしませんが、ご質問などお気軽に声をおかけください。
※「自習」の時間では、展覧会を見た印象が鮮やかなうちに文章にまとめてみてください。こちらは提出用ではなく、のちの印象の変化を確かめる出発点となるものです。自由にお書きください。

2020年2月11日(火・祝)
13:00〜17:00
(休憩あり)
【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第一回 12名 6名
【テキスト】ミヒャエル・エンデ『モモ』(大島かおり訳・岩波少年文庫)
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室   ※2019年8月に京都で行った講座、および2月22日(土)、23日(日)、24日(月・祝)と同じ内容です。
2020年2月15日(土)
(集合)10:30〜(終了)16:45
(休憩あり)
「思考と表現」特別授業
目に見えないものを描き出す――岸田劉生の世界
18名 8名
メインテキスト:『岸田劉生随筆集』 (岩波文庫)
サブテキスト:岸田 麗子『父 岸田劉生』 (中公文庫)
※名古屋市美術館にて開催される「没後90年記念 岸田劉生展」を鑑賞ののち、以下の近隣の会場(美術館より徒歩7分程度)にて「思考と表現」クラスを行います。
参加費用14,000円+税
会場名古屋市美術館(アクセスはこちら
講座会場:プレストーク会議室A(https://presstalk-conference.com/#access

〔講座について〕
 岸田劉生は、「麗子像」などで有名ですが、彼の本領は、そこに留まりません。多くの画家は存在するもの(存在者)を描きますが、劉生は、存在そのものを描き出そうとしました。ある「物」を描くだけでなく、「物」を有らしめているはたらきを描き出そうとしたのです。彼にとって絵画は、色彩で行う哲学だったといってよいのかもしれません。
 あまり知られていないかもしれませんが、劉生は、作家の志賀直哉、武者小路実篤らと共に雑誌『白樺』の同人でもありました。劉生自身もたいへん優れた文章家です。
 今回の展覧会は、彼の没後90年を記念する大規模なものです。岸田劉生の生涯を追いながら、その絵画の素晴らしさだけでなく、画の思想(「画想」)と呼ぶべきものの深まりを感じてみたいと思います。(若松英輔)

〔スケジュール〕
10:30〜10:45 名古屋市美術館に集合、出席の確認と鑑賞の要点をご説明します
10:45〜12:15 名古屋市美術館にて「没後90年記念 岸田劉生展」を各自で鑑賞
12:15〜13:45 移動、昼食および自習――展覧会を見た感想を書いてみる
(場所は自由です。講座会場は、美術館より徒歩7分程度で、会場は13:30からお使いになれます。)
13:45〜16:45 講座(休憩15分程度を含みます)

〔備考〕
※チケットは参加費に含まれておりません。当日、各自でお買い求めください(一般1,400円)
※集合は名古屋市美術館のチケット売り場付近です。講師とスタッフがおります。
※時間を考慮し、余裕をもってお出かけ下さい。
※もしも、名古屋市美術館への到着が遅れる場合は講座のメール(info@yomutokaku.jp)までご連絡ください。
※講師とスタッフは、12:10ごろまで会場におります。会場内でのまとまっての説明はいたしませんが、ご質問などお気軽に声をおかけください。
※「自習」の時間では、展覧会を見た印象が鮮やかなうちに文章にまとめてみてください。こちらは提出用ではなく、のちの印象の変化を確かめる出発点となるものです。自由にお書きください。
2020年2月22日(土)

13:00〜17:00
(休憩あり)
星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第一回 12名 6名
【テキスト】ミヒャエル・エンデ『モモ』(大島かおり訳・岩波少年文庫)
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室   ※2019年8月に京都で行った講座、および2月11日(火・祝)、23日(日)、24日(月・祝)と同じ内容です。
2020年2月23日(日)
13:00〜17:00
(休憩あり)
星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第一回 12名 6名
【テキスト】ミヒャエル・エンデ『モモ』(大島かおり訳・岩波少年文庫)
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室   ※2019年8月に京都で行った講座、および2月11日(火・祝)、22日(土)、24日(月・祝)と同じ内容です。
2020年2月24日(月・祝)
13:00〜17:00
(休憩あり)
【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第一回 12名 6名
【テキスト】ミヒャエル・エンデ『モモ』(大島かおり訳・岩波少年文庫)
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室   ※2019年8月に京都で行った講座、および2月11日(火・祝)、22日(土)、23日(日)と同じ内容です。
2020年2月29日(土)
13:00〜17:00
(休憩あり)
ほんとうに豊かな人生を求めて『聖フランシスコの小さき花』A 12名 6名
【テキスト】『聖フランシスコの小さき花』(光明社)
参加費用:13,500円+税
※参加費用には、書籍代と送料の合計、1,000円を含みます。書籍をお持ちの方は、ご連絡いただけますようお願いいたします。
※テキストつきの講座です。ご入金確認後にテキストを郵送させていただきますので、お申込みのさいにご住所のご記入をお願いいたします。
※Aでは、25章から最後までをとりあげます。
会場下北沢教室   ※3月1日(日)と同じ内容です。
2020年3月1日(日)

13:00〜17:00
(休憩あり)
ほんとうに豊かな人生を求めて『聖フランシスコの小さき花』A 12名 6名
【テキスト】『聖フランシスコの小さき花』(光明社)
参加費用:13,500円+税
※参加費用には、書籍代と送料の合計、1,000円を含みます。書籍をお持ちの方は、ご連絡いただけますようお願いいたします。
※テキストつきの講座です。ご入金確認後にテキストを郵送させていただきますので、お申込みのさいにご住所のご記入をお願いいたします。
※Aでは、25章から最後までをとりあげます。
会場下北沢教室   ※2月29日(土)と同じ内容です。
2020年3月8日(日)

13:00〜17:00
(休憩あり)
言葉とコトバ 『意識と本質』を精読する 第八回 12名 6名
【テキスト】井筒俊彦『意識と本質』(岩波文庫)
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室   ※3月22日(日)と同じ内容です。
2020年3月22日(日)

13:00〜17:00
(休憩あり)
言葉とコトバ 『意識と本質』を精読する 第八回 12名 6名
【テキスト】井筒俊彦『意識と本質』(岩波文庫)
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室   ※3月8日(日)と同じ内容です。
2020年3月28日(土) 13:00〜17:00
(休憩あり)
幸福な死への準備 エリサベス・キューブラー・ロス『死、それは成長の最終段階―続 死ぬ瞬間』を読むA 12名 6名
【テキスト】エリザベス・キューブラー・ロス『死、それは成長の最終段階―続 死ぬ瞬間 』
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室
2020年4月5日(日)
13:00〜17:00
(休憩あり)
【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第二回 14名 6名
【テキスト】ミヒャエル・エンデ『モモ』(大島かおり訳・岩波少年文庫)
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室   ※2019年10月に行った講座、および4月12日(日)、25日(土)と同じ内容です。
2020年4月12日(日)
13:00〜17:00
(休憩あり)
【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第二回 14名 6名
【テキスト】ミヒャエル・エンデ『モモ』(大島かおり訳・岩波少年文庫)
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室   ※2019年10月に行った講座、および4月5日(日)、25日(土)と同じ内容です。
2020年4月18日(土)
受付
13:15〜
13:30〜16:45
※途中15分程度
の休憩を含む
ほんとうに豊かな人生を求めて『聖フランシスコの小さき花』A 18名 10名
【テキスト】『聖フランシスコの小さき花』(光明社)
参加費用10,500円+税
※参加費用には、書籍代と送料の合計、1,000円を含みます。書籍をお持ちの方は、ご連絡いただけますようお願いいたします。
※テキストつきの講座です。ご入金確認後にテキストを郵送させていただきますので、お申込みのさいにご住所のご記入をお願いいたします。
会場長谷ビル8F―E室
京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町 680-1 (京都市営地下鉄 四条駅 6番出口徒歩1分 阪急烏丸線 烏丸駅)
TEL:075-361-0106 (平日9:00〜17:00 場所に関するお問い合わせの場合)
2020年4月19日(日)

受付
13:15〜
13:30〜16:45
※途中15分程度
の休憩を含む
自分の「物語」に出会う 河合隼雄『物語とふしぎ』 18名 10名
【テキスト】河合隼雄『物語とふしぎ』(岩波現代文庫)
参加費用9,500円+税
会場長谷ビル8F―E室
京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町 680-1 (京都市営地下鉄 四条駅 6番出口徒歩1分 阪急烏丸線 烏丸駅)
TEL:075-361-0106 (平日9:00〜17:00 場所に関するお問い合わせの場合)
2020年4月25日(土)
13:00〜17:00
(休憩あり)
【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第二回 14名 6名
【テキスト】ミヒャエル・エンデ『モモ』(大島かおり訳・岩波少年文庫)
参加費用12,500円+税
会場下北沢教室   ※2019年10月に行った講座、および4月5日(日)、12日(日)と同じ内容です。

※テキストは、出来るだけ事前に目を通してください。(一部でも大丈夫です)
※講座当日、テキストをご持参ください。
※記載の最低催行人数に満たず、催行しないことが決定しましたさいは、開催日を含めて3日前までにお知らせいたします。
※講師の業務スケジュールにより、日程や時間を変更させて頂く可能性がございます。
※過去にはまだそのような事態は起きておりませんが、万一、当方の事情で不開催となった際には、後日、講座参加費をご返金致します。 (なお、入会金、各自の交通費や宿泊費はご返金できませんことをあらかじめご了承ください。)
※参加費用お振込後のキャンセルにつきましては、ご返金や別の講座へのお振替えはできかねますので、あらかじめご了承ください。


● こちらのフォームからお申込みください。

※初めて当講座に参加される方には、事前にアンケートおよびご提出いただく課題がございます。
(お申し込み後ご案内いたします。)
※文章をお書きになることをお仕事とされている方のご参加は、ご遠慮いただいております。
※ご入会頂けない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※初めての方は講座参加費に加え、入会金5,000円+税を頂戴いたします。
※キャンセル待ちクラスのお申込みにつきましては、同講座で複数日程をお申込み頂くことはできません。日程は一つのみをお選びください。


*は必須項目です

*受講日

2020年2月1日(土) 13:30〜16:45【京都教室】ほんとうに豊かな人生を求めて『聖フランシスコの小さき花』(1) ※キャンセル待ち
2020年2月2日(日) 13:30〜16:45【京都教室】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第三回(最終回) ※キャンセル待ち
2020年2月4日(火) 19:30〜21:00『生と死の接点』 第六回 ※キャンセル待ち
2020年2月6日(木) 19:30〜21:00『生と死の接点』 第六回 ※キャンセル待ち
2020年2月8日(土) 13:30〜15:00【増設】『生と死の接点』 第三回
2020年2月8日(土) 15:30〜17:00【増設】『生と死の接点』 第四回
2020年2月9日(日) 10:00〜17:00【増設】「思考と表現」特別授業 民藝の新生――柳宗悦と琉球との出会い
2020年2月11日(火・祝) 13:00〜17:00 【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第一回
2020年2月15日(土) 10:00〜16:45「思考と表現」特別授業 目に見えないものを描き出す――岸田劉生の世界
2020年2月22日(土) 13:00〜17:00 星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第一回 ※キャンセル待ち
2020年2月23日(日) 13:00〜17:00 星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第一回
2020年2月24日(月・祝) 13:00〜17:00 【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第一回
2020年2月29日(土) 13:00〜17:00 ほんとうに豊かな人生を求めて『聖フランシスコの小さき花』(2)
2020年3月1日(日) 13:00〜17:00 ほんとうに豊かな人生を求めて『聖フランシスコの小さき花』(2) ※キャンセル待ち
2020年3月3日(火) 19:30〜21:00『生と死の接点』 第七回
2020年3月8日(日) 13:00〜17:00 言葉とコトバ 『意識と本質』を精読する 第八回
2020年3月20日(金・祝) 13:30〜15:00【増設】『生と死の接点』 第五回
2020年3月20日(金・祝) 15:30〜17:00【増設】『生と死の接点』 第六回
2020年3月22日(日) 13:00〜17:00 言葉とコトバ 『意識と本質』を精読する 第八回
2020年3月24日(火) 19:30〜21:00『生と死の接点』 第七回
2020年3月28日(土) 13:00〜17:00 幸福な死への準備 エリサベス・キューブラー・ロス『死、それは成長の最終段階―続 死ぬ瞬間』を読む(2)
2020年4月5日(日) 13:00〜17:00 【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第二回
2020年4月11日(土) 13:30〜15:00【増設】『生と死の接点』 第七回
2020年4月11日(土) 15:30〜17:00『生と死の接点』 第八回
2020年4月12日(日) 13:00〜17:00 【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第二回
2020年4月18日(土) 13:30〜16:45【京都教室】ほんとうに豊かな人生を求めて『聖フランシスコの小さき花』(2)
2020年4月19日(日) 13:30〜16:45【京都教室】自分の「物語」に出会う 河合隼雄『物語とふしぎ』
2020年4月20日(月) 19:30〜21:00『生と死の接点』 第八回
2020年4月23日(木) 19:30〜21:00『生と死の接点』 第八回
2020年4月25日(土) 13:00〜17:00 【増設】星の時間を生きる ミヒャエル・エンデ『モモ』 第二回


*当講座への参加は

初めて※初めての方は入会金5,000円(+税)を別途頂戴致します。
二回目以降

*名前

*お名前(ふりがな)

*メールアドレス


(確認用)

*連絡先 (日中に連絡がつく番号をお願いします。)

- -

※2回目以降の方は以下のご入力は不要です。初回の方は以下も必ずご入力下さい。

性別

男性 女性

住所

-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名

ご職業

ご年代

「読む書く」をどちらでお知りになりましたか

備考欄