公開講座

 ●コトバの教室はこちら  ●「読むと書く」テキストブック製作のための 公開インタビューはこちら ●『論語』の地平 情の人・孔子/『老子』の世界 道の人・老子

一日講座
コトバの教室――「詩をよむ、詩を書く、詩を感じる」 6月18日(日)開催


 <講座の概要>

人が詩を読んで心を動かされるのは、その人のなかに内なる詩人がいるからです。どんな人のなかにも詩人はいます。さらにいえばすべての人のこころのなかには、見えない何冊かの詩集が眠っているようにも思います。
詩には、詩的な言葉が存在します。「花」という、あまりに頻繁に用いられる一語でも、詩人の手からその言葉がつむがれると、読み手はそこに小さな宇宙を感じることも珍しくありません。それはまた同時に、読み手のこころのなかに存在している世界でもあるのです。
詩は、文学の根底をなす様式ですが、もっとも広く、多くのひとに開かれている場でもあります。よい詩を読むのもすばらしい経験です。しかし、詩を書いてみるのもそれに劣らない、じつに意味深い出来事になります。
詩的世界は、年を経るごとに深まっていきます。この講座では、みなさんと詩を読むこと、書くことで内なる詩人を呼び覚まして行きたいと考えています。
(若松 英輔)

<講座の進め方>

この講座は講師による講義のみで行われるものではありません。講義、「書く」ことの実践、対話などを総合的に行ってまいります。
書いた作品を発表することはありません。また、他者に見せることも、個的に発言を求められることもありません。
しかし、可能であればご参加いただく皆さんからの発言は活発に行っていただければと願っております。


<日時>

6月18日(日)10:45〜16:45(受付10:30〜)

10:45〜11:00 はじめに――「コトバ」について
11:00〜12:00 第一部 (講義 「おもい」を言葉にするT)
12:00〜13:30 休憩
13:30〜14:00 第一部 (講義 「おもい」を言葉にするU)
14:00〜14:30 ワーク1 (小さなエッセイを書いてみる)
14:30〜15:00 第二部 (講義 コトバを宿す、言葉を書く)
15:00〜15:15 休憩
15:15〜16:00 ワーク2 (詩を書いてみる)
16:00〜16:45  まとめ・質疑応答

<会場> 新宿三丁目貸会議室501-B

<参加費> 9,000円(税込)

<講座の内容>

【はじめに】

言葉と「コトバ」、感性と感情など、この講座で鍵となる表現をめぐって講師からお話しします。また、一日の流れについてもご説明させて頂きます。

【第一部】「おもい」を言葉にする

詩とは、「おもい」を言葉にすることですが、それは自分の思いであるとは限りません。わたしたちは、月や花、川や鳥の気持ちになって詩を書くこともできます。もちろん、自分の周囲にいる人々の心を映しとろうとすることもできます。
心を自分の思いでいっぱいにしていると、こころの奥にある「念い(おもい)」や、かつての日々を「懐う(おもう)」ことも難しくなってきます。詩人たちは、言葉を探すのではなく、言葉を胸に「宿す」ように招き入れ、詩をつむいでいきました。古今東西の先人の言葉にふれながら、想念の彼方にある「おもい」を身近に感じてみようと思います。

【ワーク1】小さなエッセイを書いてみる

詩的世界を感じ、そこでの出来事を言葉にする、最初のステップとして、何かを感じた一節、一語に導かれながら小さなエッセイを書いてみます。(200−600文字程度)

【第2部】コトバを宿す、言葉を書く

 詩は「おもい」だけでなく、色や音、香りさらには光や響きをも言葉で表現しようとする営みです。また、言葉の奥にある沈黙も、詩を読む人の心に届けることもできます。
色彩、音律、芳香などに潜む「コトバ」を、どのように詩の言葉に移し替えることができるのかを先人たちの言葉をたよりに、その可能性を皆さんと考えてみたいと思います。

【ワーク2】「詩を書いてみる」

五行程度、十行程度、二十五行程度の詩で、書きやすいと感じる長さのものから着手し、可能であれば、三つの詩の完成にむけて執筆をはじめてみましょう。

※募集は終了いたしました。

 

 

 

「読むと書く」テキストブック製作のための 公開インタビュー


 【第1回】

批評家・エッセイスト・詩人・そして講師としても活躍中の若松英輔がついに「読むと書く」講座のエッセンスを詰め込んだテキストを出版することになりました。今回はそのベースとなる対話を録音するため、公開でのインタビューを開催いたします。
質問・対話者は、大瀧純子(経歴は下記参照)です。ライブでしか聞けない、‘ここだけ’の話や意外なエピソードなども飛び出すかもしれません。
「読むこと」「書くこと」「言葉とコトバ」「生きることとコトバとの関係」などを考え直してみたい方にも意味深い時間となることでしょう。
若松が考える「読むこと」「書くこと」とは。「生きる」とは。コトバと人生の関係を自身のさまざまな経験からあらためて語りおろします。内容は当日の流れで変わっていきますので、どうぞお楽しみに!
今後も何回か開催する予定でおります。今回はその初回となります。皆さま是非ご参加下さい。
皆さまからのご質問なども承りながら、進めてまいりたいと存じます。

大瀧純子プロフィール

2003年、若松が前年に創業した(株)シナジーカンパニージャパンに入社。2012年CEO(最高経営責任者)に就任。同時に(株)シナジーカフェのCEOにも就任し、「読むと書く」を中心とする講座の企画・運営も担当。1967年、埼玉県生まれ。学習院大学文学部心理学科卒。今年社会人になった息子が一人。
2015年6月 自身初の著書となる『女、今日も仕事する』(ミシマ社)を上梓。 国家資格キャリアコンサルタント登録者・JCDA認定 キャリアカウンセラーでもある。


<日時>

7月23日(日)13:15〜16:45(正味3時間・途中休憩30分程度)
受付開始:13:00〜

<会場> 新宿三丁目貸会議室 401A

<参加費> 初回特別価格 3,500円(税込)

<ご参加頂く際にご了承頂きたいこと>

内容を録音させて頂きます。 参加者のご発言やご質問も著書に含まれる可能性がございます。
(お名前など、個人が特定される情報は含まれません。)
なお、通常通り、参加者の方の録音・撮影は禁止とさせて頂きます。

<ご参加者の特典>

著書完成の際には、特別価格にてご購入頂けます。(配送可能・送料無料)出版予定2018年3月。詳細やお申込みについては出版が近くなりましたらあらためてご案内いたします。





『論語』の地平 情の人・孔子/『老子』の世界 道の人・老子

日時 時間 テーマ テキスト 会場 参加費
(税込)
8月27日(日) 13:15〜14:45
(受付13:00〜)
『論語』の地平 情の人・孔子 『論語』(岩波文庫)・『孔子伝』(白川静/中公文庫) 新宿三丁目
貸会議室401B
3,240円
『論語』をすべて読んで理解しようとするよりも、自分が心打たれた一節を見つけるほうが、この本の世界に容易に入っていけるのかもしれません。今回の講座では、私たちの日常生活に寄り添った場所で、孔子の言葉を味わってみたいと思います。『論語』で描かれている彼の姿は、悩み、苦しみ、もがき、そして深く悲しむ人でした。孔子は「知」と「理」の人であるだけでなく、「情」の人でした。孔子の情(こころ)の世界を皆さんとかいま見てみたいと思います。
8月27日(日) 15:15〜16:45
(受付15:00〜)
『老子』の世界 道の人・老子 『老子』(岩波文庫)・『老子道徳経』(井筒俊彦英訳/古勝 隆一和訳 慶應義塾大学出版会) 新宿三丁目
貸会議室401B
3,240円
『老子』は思想書としてよりも、詩のように読むのが良いように思います。ですから、理解するよりも味わったほうがこの書物の本質に近づけるようにも感じます。
競争しつつ、努力して、忍耐する。そうして現代人は日々、自らの力で人生を切り開こうとしますが、老子は、努力によってではなく「流れ」に任せて生きる道を説きます。「いかに生きるのかではなく、いかに生かされているのかを見つめよ」と静かに問いかけるのです。  
どう生きるのかの処世術ではなく、生きるとは何かを、この賢者の言葉に導かれながら皆さんと考えてみたいと思います。

 


<お願い>
・室温は適宜調整しておりますが、皆さまそれぞれの体感温度が異なることと、 空調が当たりやすい席もございますため、はおるものなどご持参いただきますようお願い致します。
・お風邪で咳がでるなどの場合は、マスクをして頂くなど、他の参加者へのご配慮をお願い致します。

<お申込み>
クレジット決済はこちらからお申込み下さい。
※外部サイトにジャンプします。SSL暗号化通信により安全にご利用いただけます。


⇒7月23日(日)「読むと書く」テキストブック製作のための 公開インタビュー 第一回
⇒8月27日(日)『論語』の地平 情の人・孔子
⇒8月27日(日)『老子』の世界 道の人・老子

● 銀行振込の方はこちらからお申込み下さい。(恐れ入りますが、振込手数料はご負担をお願い致します。)
※開催の7日前以降にお申込みの方はクレジット決済をお願いしております。

*は必須項目です  ※複数回お申し込みいただけます。

*講座

7月23日(日)「読むと書く」テキストブック製作のための 公開インタビュー 第一回
8月27日(日)『論語』の地平 情の人・孔子
8月27日(日)『老子』の世界 道の人・老子

*名前

*メールアドレス


(確認用)

*性別

男性 女性

*住所

-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名

*連絡先

- -

当講座をどちらでお知りになりましたか