「読むと書く」講座のご案内

● 開催中の講座一覧

詳細、お申込みについてはこちら

「思考と表現」単発クラス1月13日(土)13:00~17:00 ※キャンセル待ちにて承ります
【京都教室】 1月19日(金)19:00~20:45
【京都教室】1月20日(土)13:30~16:45
「読むと書く」単発クラス1月31日(水)19:30~21:00 ※キャンセル待ちにて承ります
「読むと書く」単発クラス2月2日(金)19:30~21:00 ※キャンセル待ちにて承ります

※これまでに開催した講座はこちら

● 「読むと書く」クラスについて

この講座は、単に、従来の文章教室のように書く技術や、テキストを勉強する講座ではありません。
「読む」とは、その言葉を紡いだ人と出会うことです。また、「書く」とは、言葉を通じて、
未知の自分と出会うことです。また、こころを「読む」という表現があるように、「読む」とは、
目に映る言葉の奥に、見ることのできない心の動き、世界の律動を感じることでもあります。
それを自らの人生に刻むことが「書く」ということでもあります。
小説、批評、戯曲、詩はもちろん、哲学、芸術など、さまざまなジャンルから幅広く題材を取り上げて参ります。

● 「思考と表現」クラスについて

例えば、今まで見たこともないような空の色に出会ったとき、人はそれを「変な色だった」と
ひと言で表現してしまいがちです。しかし、それは本当は
「あやしく、それでいて目が離せないほど魅惑的な色だった」のかもしれません。
感じたことをしっかりと言葉で表現することで、その印象は、より鮮明に、深く記憶に残ります。
感性を育てるということは、豊かな言葉での表現することとほとんど同義です。
この講座では、深く考え、自分の言葉で豊かに表現することを主題においています。
一枚の絵をみるように文章を読む、あざやかな色を目にして、自らの内から湧き上がってくる
思いや記憶を文章にしてみる、皆さんの前で話してみる。そのような体験を繰り返すことで、
思考の働き、表現する可能性を探っていきます。

****************************************
また、当講座では、広く芸術や美に触れる機会を増やすため、「遠足」や特別講師を
お招きしての特別講座なども実施いたしております。
どのクラスにご参加の方でも、すべての入会者に、会員限定の特別講座のご案内も差し上げております。
例:2014年1月 京都嵯峨野に志村ふくみ氏を訪ねる 当日の様子
2014年6月 能楽師 安田登さんをお迎えして 当日の様子
****************************************